私は25歳独身の双極性障害(躁うつ病)です。

精神疾患をお持ちの方と、そのご家族へ🍀.*

双極性障害(躁うつ病)は周囲の方の理解が不可欠です。また、回復を早めるきっかけにもなります。

皆様いかがお過ごしですか?

 

 

今回は、精神疾患を患って見える方の周囲の方へ

伝えたいお話をしようと思います。

 

双極性障害(躁うつ病)は、

躁状態(テンションアゲアゲ)

うつ状態(テンションサゲサゲ)

を繰り返す病気です。

心の病気ではなく、脳の病気なので自分で

コントロールすることはほぼ不可能です。

その為、お薬で再発防止を図ります。

また、うつ病から双極性障害(躁うつ病)

になる方が多いそうです。

私も恐らくうつ病からだと思います。

 

 

私が何故双極性障害(躁うつ病)になったかというと、

家族に理解してもらえなかったからです。

私が勇気を持って告白しても、

単に落ち込んでいるだけだと思われてしまうのです。

 

 

 

でもこれは当然の反応だと思います。

一度や二度落ち込んだからといって、すぐに

病気だと判断される方の方が少ないと思います。

 

 

分かっていたので、何度も何度も伝えました。

それでも理解を得ることは出来ませんでした。

どうしたら分かってもらえるんだろうと考えた所、

自殺をするという間違った答えにたどり着きました。

今思うと、精神的にかなり追い込まれて

いたのだと思います。

 

 

結局は自殺未遂で終わりました。

決して許されない行為ですが、私の望み通り

理解を得ることが出来ました。

 

 

もっと早く助けてもらえていたら

こんなことをしなくても済みました。

今は分かってもらえた喜びを味わえていますが、

それは生きていたからです。

たまたま運が良かっただけなのです。

 

結果、うつ病を何度も繰り返してしまったので、
双極性障害(躁うつ病)になってしまいました。

 

 

友人や知人に分かってもらえることも

充分大切で嬉しいことではありますが、

やはり身内の存在はとても大きいです。

 

 

ましてや、幼少期に両親の離婚が恐らく

きっかけでうつ病を発症したので、

わかってくれない上に、家族を傷付けたくない

という思いから、なかなか離婚に触れられ

なかったのでとても苦しかったです。

 

 

周囲の理解って本当に本当に本当に大切です!

どれだけ楽になれることか...

どれだけ素でいられるか...

どれだけ心が軽くなるか...

 

 

今までの辛かったことを思い出すと、

もっと早く自殺しとけばよかったとも思います。

何言ってるのと思われるかもしれませんが、

それほど本人は苦しんでいるのです。

 

 

人間誰だって一度は死にたいと考えます。

でも、双極性障害は何度も何度もそんな

ネガティブな気持ちになるんです。

 

 

どうかわかって欲しい!!!!

 

 

 

最後まで読んで下さってありがとうございました(^_^)