私は25歳独身の双極性障害(躁うつ病)です。

精神疾患をお持ちの方と、そのご家族へ🍀.*

両親が離婚した時のお話をします。

皆様いかがお過ごしですか?

私は最近ミルクティーにハマっています笑

やはり紅茶花伝が一番美味しいです!

ミルキーな感じだけども甘すぎず、とても

飲みやすいです!

 

 

 

それは置いといて...

 

 

 

私の両親は、私が小学5年生、弟が小学2年生の時に

離婚しました。

原因としては、母親の浮気です。

ですが、父親も過去に色々やからしていたようなので

どちらとも言えない感じみたいです。

 

 

離婚する少し前に、母親の浮気相手と2、3回ほど

お会いしました。

実は、そのお相手は、父親のサッカーチーム

のメンバーなんです。(ドラマのようだ)

 

 

私たちに親を選ぶ主導権はなく、母親の元へ行くのだと

勝手に思っていたので、この男の人と仲良く

しなければと小5ながらに感じていました。

(めっちゃ嫌でしたよ。この期間。ほんとに。)

 

 

 

最終的には、私と弟で付いていく親を決める

ことになりました。

私と弟は、別れても母親とは会えるものだと思っていた

ので、学校の友達と離れずに済むよう、

父親を選びました。

 

 

 

母親が出ていく日に、玄関までお見送りしましたが、

母親は泣いていました。

(その日、父はおりませんでした。)

私は、また会えると思っていたので、「バイバーイ」

で終了。笑

(今思うと、すごく冷たい人間w)

 

 

 

その後、1ヶ月に1度は会っていましたが、

3ヶ月目ぐらいの時に、私はあることに気付いたんです。

 

 

「母親の着ている服が違う」って。

 

 

普段パーカーなど着るはずのない母親が

真っ赤なパーカーを着ていたんです。

(普段着がブティック系の母親ですw)

(ブティックwww久しぶりに言ったw)

 

そして、お腹が膨らんでいることにも気付きました。

 

 

既にお腹に赤ちゃんを授かっていたようです。

その時はよく分からず、何も思いませんでしたが、

今思うと、ありえないですね ( ̄▽ ̄;)笑

 

 

 

母親失格はもちろんですが、人間としても失格だと

思います。自分の母だと思いたくありません。

 

 

 

とはゆっても、やはり母親。

嫌いになれません。

向こうのお婆ちゃんとは今でも仲良くしているので、

初めてのお給料で購入した時計をお母さんに渡して

もらったり、誕生日プレゼントを渡してもらったり

していました。

(健気で可愛いかったんですわたし笑)

 

 

 

なんで嫌いになれないのでしょう (´;ω;`)

私には割と厳しかった母親なので、

尚更嫌いになってもいいはずなのに。

 

 

 

向こうのお婆ちゃんには本当に助けて頂きました。

父親、弟、祖父の4人暮らしだったので、思春期が

くると、

 

「下着どうきたらいいか聞けない」

「生理パッド買うの恥ずかしい」

 

男の人に聞けない。けれども何とか

しなければならない思春期ならではの悩みが沢山あり、

全てお婆ちゃんに頼っていました。

私からすると神様以上の神様です(笑)

 

 

そんなこんなで、家族4人やって参りました。

 

 

 

 

私はどんな失敗を犯したにせよ、母親のような

行為だけは絶対にしないと誓います。

子供だけは必ず守ります。

子供は何も悪くない、だから自分達の事で悲しませる

のはおかしいと思います。

全部が全部迷惑掛けないことは無理かもしれないけど、

子供は必ず幸せにします。

(旦那は二の次ですね笑)

 

 

 

 

以上、離婚した時のお話でした。

最後まで読んで下さってありがとうございました(^_^)